治療の流れについて

電話にて御予約  続きを読む

  • 往診などにより不在の場合があります。予め電話、メールにて御予約願います。
  • 電話等で症状をお聞かせ下さい。(事前に治療計画を立てる為です。)
  • ご希望の曜日・時間をお聞かせ下さい。
  • 脈の状態を安定させる為に予約時間の5分前を目安に来院して下さい。


問診票の記入

  • 東洋医学では、症状が重要な情報になります。
  • 分かる範囲で結構です。

 

問診


  • 一番辛い症状、いつから?どいういう姿勢で辛い?家族歴、現在の仕事、服薬中の薬などについて伺います
  • 病歴、手術歴はお聞かせ下さい。
  • プライバシーは保護されています。
  • 症状や鍼灸の効果について、パネルや模型を使って説明します。

 


  • 必要に応じて血圧測定、徒手検査を行います。

東洋医学的診断法(四診法)を用いて施術します

  四診法について
望診
身体の様子(皮膚の色・艶・病的変化など)を観察する。
聞診
声の状態(高さ・力強さ・喋り方など)匂いを観察する。
問診
主訴や日々の生活習慣を尋ねる。
切診
触診で体表面の凹凸や寒熱を調べる。
橈骨動脈(脉診)・腹部(腹診)を拝見し、どこの経絡に問題があるか調べます。

基本的に健側>>>患部の順番です。

  • 患部とは離れたツボから施術して行きます。
  • 腰痛で腰のみに治療していると変えって悪化する為です
  • 最初に手足のツボを使用します
  • 最後に患部に対し施術を行います。
  • 慢性疾患や冷えがある場合は、患部に温灸をします。

 

治療終了

  • 基本的に身体の変化が好転したら施術終了です。
  • 主に脈診、腹診で個々人に最適な治療量を決めています。
  • 従って、何十分いくらという料金設定をしていません。
  • 施術時間の目安は、概ね30分です。
  • より早く症状が改善する為に、東洋医学的視点から日常生活のアドバイスを行います。
  • 鍼灸治療によって身体に変化が起こります。特に施術当日は、身体を休め早めにお休み下さい。

小児はりについて


  • 小児用の鍼は、先端が丸くなっていて皮膚に刺さりません。
  • 生後2,3ヶ月~小学生対象です。
  • 皮膚を擦過する事により自律神経を整えます。
  • 痛みを与え無いので非常に気持ち良い治療法です。
  • 皮膚を軽く摩擦し、子供自ら成長する力を引き出します。
  • 子供の健やかな発育を促し、元気で健康な体作りを目指します。
  • 子供は成人と異なり急速に成長する過程にあります。
  • 子供の身体は未完成で体力が無いので治療時間は5~10分です。