初めての方へ

プロフィール 続きを読む

名前
小野竜也
取得資格
はり師・きゅう師(国家資格)
略歴
駒澤大学文学部英米文学科卒
東京医療専門学校卒
整骨院、整形外科を経て平成16年開業(保健所の監査済み)
妻子あり
所属団体
東洋はり医学会
東京都はり灸マッサージ師会
趣味
温泉、読書、空手道(日本空手道糸洲会 初段)

鍼について   

  • 鍼は痛いイメージがあります。その理由は、注射針や縫い針を思い浮かべる為です。
  • 左は注射針、右は鍼治療で使う「はり」です。
  • 鍼治療で使用する「はり」は、髪の毛程度の太さで柔らかく、その先端は更に
    細い為ほとんど痛くありません。

  • 左の注射針の先は、液体を身体に注入する為、針先が空洞になっています。
  • 形状は組織を切り進む為、竹を斜めに切った形状になっています。
  • 右の鍼治療用の鍼先は空洞がありません。
  • 形状も松葉型をしています。
  • 松葉型の形状は、皮膚刺入時の痛みを緩和させ血管や神経を避ける効果があります。

有効な疾患

神経経 自律神経失調(不定愁訴症候群)・頭痛・顔面神経痛・めまい・不眠症・パニック障害
運動器系 肩コリ五十肩胸郭出口症候群腰痛坐骨神経痛寝違い膝痛関節リウマチ腱鞘炎
消化器系 口内炎・慢性胃炎・胃酸過多・食欲不振・下痢・便秘・慢性肝炎・過敏性腸症候群・逆流性食道炎
呼吸器系 咽頭炎・咳・痰風邪(インフル除)及び予防気管支喘息
眼科系 VDT症候群・ドライアイ・眼瞼痙攣ミオキミア
耳鼻咽頭系 耳鳴り・メニエール氏病・声がれ・嗅覚減退・アレルギー性鼻炎・咽頭部異物感(梅核気)
婦人科系 つわり・不妊症・逆子更年期障害
皮膚科系 湿疹・蕁麻疹・しもやけ・ヘルペス・アトピー性皮膚炎
その他 健康管理・冷え症・のぼせ・体重管理・慢性疲労症候群・生活習慣病・手術の後療・動悸・むくみ・
スポーツ障害等
  上記の表に無い疾患でも対応出来るケースがある為、ご相談下さい。

服装について

  • 首、腰周辺、肘、膝が出せる「ゆとりのある服装」でお越し下さい。
  • スリムジーンズ、ワンピース、タイトなYシャツ等はご遠慮下さい。
  • 手足のツボを使用する為、手足が出せる服装であれば、基本的に着替えの必要はありません。
  • 上述の服装に加えて、五十肩、坐骨神経痛などに対する施術の場合は、 患者着に着替えて頂く場合も御座います。
  • 抗菌・防臭加工の為、衛生的です。
  • 気になる方は、ご自身で短パンなどゆとりのある服をご持参下さい。

良くある問い合わせ(FAQ)

Q1.鍼は痛くありませんか?
 A1.施術用の鍼は、髪の毛程の細さしかありませんので、ほとんど痛くありません。

・Q2.鍼で病気が感染する事はありますか?
 A1.1つ1つ梱包されている国産の滅菌済み使い捨て銀の鍼(前田製ガンマー線照射滅菌、アサヒ製)を使用していますので感染の御心配は全くありません。その他の備品はオートクレープ(高圧蒸気滅菌器)にて完全滅菌処理します。

・Q3.灸は熱くありませんか?
A3.温灸中心の施術の為、熱くありませんし火傷の心配もありません。症状によって台座灸を使用しますが、熱くないよう心地良い温度に調整します。

Q4.どのくらいで良くなりますか?
A4.個人差や病状によって通院回数は異なりますので一概には言えませんが、急性症状は 数日間連続。 慢性症状は1週間に1、2回の継続治療で改善します。(概ね3ヶ月程度を目安として下さい)
健康維持には、月1、2回の身体のメンテナンスをお勧めします。

Q5.副作用はありますか?
A5.薬物療法とは異なり副作用はありませんし、癖になる事もありません

Q6.治療中の生活はどうしたら良いですか?
A6.病気を治すには養生が大切です。治療中は以下の事にご注意下さい。
1 .食事は刺激性の強い物、消化の悪い物を控え腹八分目を心掛ける。
2.施術を受けるとそれ以前に比べ身体が楽に動きますが、過度な運動や疲労は避けて下さい。
3.睡眠は充分に取る。

Q7.治療時間はどのくらいですか?
A7.初診の方の場合は、問診や説明などがありま すので40分~50分。2回目以降は、概ね30分です。初診の方は、時間に余裕のある日に予約して下さい。

Q8.治療後入浴、食事は出来ますか?
A8.治療前後は、30分~1時間程度空けて下さい。身体の状態によっては、控えた方が良い場合もあります。食事についても同程度空けて下さい。飲酒時は、施術をお断り致します。

Q9.駐車場はありますか?
A9.鍼灸院の隣に2台分あります。(無料)

Q10.サプリメントなど売りつけられたりしませんか?
 A10.基本的に当院では物販は行っていません。