本文へスキップ
日野市の鍼灸院 肩こり 腰痛 自律神経失調症
予約制

TEL. Tap??042-581-0981

東京都日野市栄町2-18-24 受付時間 8:30〜12:00/14:00〜19:00

初めての方へ

プロフィール

 

【氏名】小野竜也

【取得資格】はり師・灸師

【略歴】
・駒澤大学文学部英米文学科卒業

・東京医療専門学校 鍼灸科卒業

・米国大手IT企業日本法人、整形外科、接骨院勤務での「社会人経験を臨床に活かす」をモットーに平成16年、小野鍼灸院を開院。(保健所の監査済み)

・妻子あり

【所属団体】
・一般社団法人 東京はり医学会(外部リンク)

・一般社団法人 東京はり灸マッサージ師会(外部リンク)

【座右の銘】
・天は自ら助る者を助く
 








 【趣味】
・絵画鑑賞・読書・ドライブ・つり・フラワーアレンジメント

・空手道(日本空手道糸洲会 弐段)

サポート情報(FAQ)


サービス関連

Q1.予約制ですか?

A.はい、そうです。当院は下記の理由から予約制とさせて頂きます。

・往診等により不在の時がある。(一人鍼灸院)

・鍼灸施術が適応するかどうかを判断する為に、事前に病気の症状を確認しておく為。

・当院のベッド数が2台ですが、同時に施術する方式を取っていない為。

・お悩みの症状にしっかりと寄り添い、集中して治療するので「5分施術」で終了出来ない為。

当院の施術方法は、患者さんの脈や腹部、皮膚の状態を確認した後に開始するので、連絡なしに15分以上の遅刻は予約キャンセル扱いとする場合も御座います。

Q2.駐車場、駐輪場はありますか?

A2.当院の隣にあります。

 駐車場です 駐車場です 
 ・サイクルポートがありますので
突然の雨天時でもサドルが濡れません。

・車止めが設置してあります。

・駐車の際はゆっくりと停車して下さい。

・車止めに対しタイヤを垂直になるように車を止めて下さい。


Q3.サプリメントなどを売り付けられる事はありませんか?

A.基本的に当院は、物販は行っておりません。

Q4.施術中の服装はどのようなものが良いですか?

A4−1.当院の施術方法は、最初に手足に鍼をします。そのメリットは、体幹部の露出を最小限に出来る点です。

A4−2.首・腰周囲・肘・膝が捲れる「ゆとりのある服装」であれば、基本的に着替えの必要はありません。例えば、首回り広めのTシャツに大きめのジャージなど。

A4−3.五十肩や坐骨神経痛などに対する施術の場合は、患者着に着替えて頂く場合も御座います。

A4−4.患者着は、施術専用で抗菌・防臭加工の為に衛生的です。気になる方は、上記の服をご自身でご持参下さい。

A4−5.スリムジーンズ・ワンピース・タイトなYシャツなどはご遠慮下さい。

施術関連

Q1.他の治療と併用しても大丈夫ですか?

A1.古来、湯液(漢方薬)は体の内側から治し、鍼灸は体の外側から治すと言われていました。現代では、それが西洋薬に変わっただけなので愁訴の改善やQOLの向上などの相乗効果が期待出来ます。

A1−1.当院の鍼灸施術は、例えば、同日に他院で電気治療などの強い刺激を加えると効果が低下する場合があります。(ソフトな治療法の為)

A1−2.国から認められていない療法(外部リンク)を受けた後に症状が悪化した際は、先に整形外科を受診してから来院して下さい。

Q2.鍼は痛くありませんか?

A2.施術用の鍼は、下記の通り上質な日本式の鍼を使用し、髪の毛程(0.16mm)の細さなのでほとんど痛くありません。

Q3.鍼で病気が感染する事はありませんか?

A3.こだわりの国産滅菌済み個梱包タイプで単回使用の銀鍼(老舗の前田製ガンマー線照射滅菌、アサヒ医療器製)を使用していますので、感染の危険性は全くありません。

Q4.灸は火傷しませんか?

A4.もぐさが皮膚に直接触れない温灸やもぐさの下に台座を挟む台座灸を使用しているので火傷の心配はありません。

Q5.通院回数はどれぐらいですか?

A5ー1.発症して日が浅い場合は、1回の施術で即時効果が得られるケースもあります。(取り敢えず試してみたいという方も歓迎です。)

A5−2.病状は固定し慢性症状になりますと個人差や年齢、天候によっても通院回数は異なりますので、一概には言えませんが目安として下記を参考にして下さい。

 ぎっくり腰などの急性期の運動器疾患  週3回 
 痛みの強い運動器疾患  週2回 
 慢性疾患  週1回 
  回復期にある症状  10日に1回
 かなり回復した症状  2週間に1回
 身体のメンテナンス(現状維持)  1ヶ月に1回 


Q6.治療時間はどれぐらいですか?

A1−1.当院は、「病気の治癒より気持ち良さを求める」「時間売り」ではありません。

A1ー2.初診の場合は、問診や説明がありますので40分〜50分です。

A1−3.初診の方は時間に余裕のある日にご予約して下さい。

A1−3.2回目以降は、概ね30分ですが、経絡治療は施術時間が長ければ、それに比例して効果がも上がるという治療法ではありません。

Q7.副作用はありますか?

A7.薬物療法と異なり副作用はありませんし、依存性もありません。

Q8.治療中の生活どうしたら良いですか?

A8.病気を治すには養生が大切です。治療中は以下の事にご注意下さい。

・食事は刺激性の強い物、消化の悪い物を控え腹八分目を心掛ける。

・施術を受けるとそれ以前に比べ身体が楽に動きますが、激しい運動や疲労は避ける。

・睡眠を十分に取る。

Q9.施術後入浴、食事は出来ますか?

A9−1.施術の前後は、入浴と食事を30分〜1時間程度空けて下さい。

A9−2.身体の状態によっては、控えた方が良い場合もあります。

A9−3.飲酒時は、施術出来ません。

有効な疾患


 神経系  自律神経失調症(不定愁訴症候群)・頭痛・顔面神経痛・めまい・不眠症・パニック障害・慢性疲労性症候群
 運動器系  肩こり五十肩胸郭出口症候群腰痛。座骨神経痛・寝違い・膝痛関節リウマチ腱鞘炎
 消化器系 口内炎・慢性胃炎・胃酸過多・食欲不振・下痢・便秘・慢性肝炎・過敏性腸症候群・逆流性食道炎 
 呼吸器系  咽頭炎・咳・痰風邪(インフル除)及び予防気管支喘息
 眼科系 VDT症候群・ドライアイ・眼瞼痙攣・ミオキミア 
 耳鼻咽頭科 耳鳴り・メニエール氏病・声がれ・嗅覚減退・咽頭部異物感(梅核気)・アレルギー性鼻炎顔面麻痺(ベル麻痺) 
 婦人科系 つわり・不妊症・逆子・更年期障害・ 冷え性・のぼせ
 皮膚科系 湿疹・蕁麻疹・しもやけ・帯状疱疹後神経痛・アトピー性皮膚炎・円形脱毛症 
 小児科系 夜泣き・疳の虫・夜驚症・消化不良 ・小児喘息・虚弱体質の改善
 その他 健康管理・体質改善・ 生活習慣病・手術後の後療・動悸・浮腫スポーツ障害など
   上記に無い疾患でも対応出来る場合があるのでお気軽にご相談下さい。


鍼について(針と鍼の相違)


   
  • 「はり」と聞くと痛いイメージがあります。その理由は注射針縫い針を思い浮かべるからです。
  • 左は「注射針」、右は鍼灸施術用の「鍼」です。
  • 日本式の「鍼」は、太さが髪の毛程(約0.16mm)で柔らかく、その先端は更に細いのでほとんど痛くありません。
   
  • 注射針の先は、液体を身体に注入する為に針先が、空洞になっています。
  • その形状は、組織を切り進むのが目的で竹を斜めに切った形状になっています。
   
  • 鍼施術用の鍼先には空洞がありません。
  • 形状も松葉型で注射針や中国式の針とは全く異なります。
  • 松葉型の形状は、皮膚刺入時の痛みの緩和と血管や神経を避ける効果があります。
  • 先端が松葉型なのが、日本独自の鍼(和鍼)です。


バナースペース

Information

2019年10月以降も施術料は据え置かせて頂きます!

営業目的の電話はご遠慮下さい。

自作でサイト作成可能。
・バックドア対策強化。
・自前SEO、MEO対策済みです。

現在、
業者によるWebサイト作成並びに集患目的の電話は、ご遠慮させて頂いております。

上記、WEB予約フォームに要件を記入頂ければ、後日こちらから返信致します。